2009年04月23日

はて

こうして勉強しているということを去年、想像できただろうか。さらにその前からすると、自分がこんな職種に就いているなんて思いもしなかったと思う。

自分の部署でもいろんな仕事がある。同じ部署といっても、やる仕事が違えば、関わる人や仕事の仕方は全然違う。更に、自分が移動する可能性だってある。

自分がどの方向に向かうかは、本当に分からないものだと思う。毎日の仕事を積み重ねていくことで、おのずと自分のいく方向は定まってくるんだろうなと思う。でも、そのための準備は万全にしとかないとね。
posted by comr at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

日々鍛錬

かなり充実した研修。
今までIT系はさっぱり分からなかったが、教え方がものすっごく丁寧で、どんどんのめりこんでいってる。
分からない所はメンバーで共有する。自分が教える側になることもあり、人に教えることで自分の理解も深まっていく。この連携感はこれからも大事にしないとね。

人前でプレゼン発表する機会があったが、終わった後に改善点を指摘してもらった。自分では完璧な発表だと思っていても、思わぬところに落とし穴があったりするから、そこを指摘してもらうことはとても貴重だ。これを次の機会にいかそう。まさにPDCAですな。


先日、昔馴染みの人と会った。研究室のプロジェクトをチームでうまく進められないとのことだったが、仕事で使ってたマネジメント手法を説明した。
チームをうまくまとめるのは、カリスマ性とか才能ではなく、やり方を知ってるか知ってないか、そしてそれを実践できるかに尽きるのではないかと思う。大学ではそれを教えないから勿体ない。大学の研究者は、マネジメントを学ぶためのインターンプログラムを受けるか、どうせ余るであろう予算(余るから期末に無理矢理使おうとする)を使って、マネジメント系のスキルアップ研修プログラムを受けてみたらどうだろうと思ったりする。
posted by comr at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

うごー

この分野は苦手だー。
研修やばいぜ!



テレビを見ていて、出版物の売り方の仕組みに、いかにムダが多いかを知った。

本屋での本の売り方というのは委託販売という形を長い間とっている。これは出版会社が本屋に売って下さいとお願いする形で、極論を言うと、本屋は本が売れなくても返せばいいやということになる。

以前、本屋でバイトしていたことがあったが、確かに毎日のように返品があった。返品リストを作り、本を荷詰めをするという手間は本屋にとって相当のコストだ(こんなことを毎日やっていた)。この作業は何の付加価値も生み出しておらず、本屋にとってもムダだし、ムダな流通を生み出す。

これらの問題に対して
1.返品されないような本作りをする
2.本を売る仕組みを変える、
がという対策が考えられるが、1.に関しては出版会社はいろいろやっているだろうから、やるとすれば2.だろうな。

んで、うまいことやっている会社を取り上げていた。

テレビをチラ見しただけなのでここまで。。
というか眠い。。



ITでシステムにおいても、売り方や運用の仕方などで発想を転換したやり方があるかもしれない。何かいいアイデアを浮かべられるように視野を広くもっておきたいですな。それに加え、アイデアを実行に移せるような実力を行動力をつけなければ。
posted by comr at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

あぢ〜

暑い!もはや暖かいを飛び越してしまってる。ウチの職場は、目の前に桜が満開になる公園があるのだけど、一気に全部葉桜になってしまったもんね。

研修を受けてると、なんか仕事の反省というか、去年とは違った観点で取り組める。できたこと、できなかったこと、こうするべきだということを一から教えてくれるから非常にためになる。個人的には基礎研修→OJT→研修という流れが良いのではないかと思ったり。意図や目的を言葉で伝えるのはできるけど、一回経験してるのとしてないのとではやっぱり違う。

コストを考えると、人件費だけでも数ヶ月で50万超え、その他諸々の経費を考えると更に費用は加算される。今それだけの費用対効果は自分にはないけれど、長い年月かけてそれ以上稼がないといかんね。




今は1年で100万貯めるのが目標。基本ボーナスには手を出さないようにして、月2万円貯金し、後は云々かんぬんやるとなんとか達成できる計算。なんとなく目標としては、10年後に家を建てる→そのために頭金1000万円貯めるとか考えてたりします。
posted by comr at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

暖かくなってきた

というより暑くなってきた。
スーツが破れたので、新しいのを新調した。コムサイズムで14000円。激安!ここは自分の体型にミラクルフィットしてるし、結構安いので重宝だわー。




飲み会では同期とハジけて、上の人に顔と名前を覚えてもらった。こういう時、忘年会で芸をやっておいて良かったと思うわー。





なんか、いろんなところにいろんな情報が溢れすぎて、自分が向かうべきもの、吸収すべきものが何なのか迷ってしまう。これはいろんな人が思っていることではなかろうか。こうと決めてしまえばまっしぐらなのだが、いかん!

なんか最近、ぬるま湯に慣れてしまっている気がする。今昔の日記を見返してみたら、今とは比べ物にならないぐらいの文章の量。何かしら振り返りがあり、そこから何かを得ようという気持ちがずっと続いていたような気がするが、今はちょっと「らしく」ない気がする。

組織の中で自分の個性を擦り合わせる作業で多少なりともストレスがあって、それが少しばかりマイナスのスパイラルになっている気がする。といっても会社を辞めたいとか、そういう事を思っているわけではなく、自分のリズムを掴めずにいて、もどかしい感じ。ちょっとこれは、自分のペースを掴めるようにせにゃいかんな。

本をパラパラ読んでみたりするけど、他人の価値観というか、他人の創りあげた「こうすべきだ論」は結局その人の経験知であって、自分のものではない。読んだ時にはなるほどと思うのだけど、どこかでやっぱり「あれ?」と思う。本来僕は、自分で経験し、自分で気付いて反省し、次に繋げていってはいかなっただろうか。

仕事に呑まれ、仕事を何かこう、得体の知れない大きなものだと勝手に自分で膨らませていた結果、心をすり減らしていた気がする。今思い返せば、仕事がとんでもないものかと言われればそうでもない。社外との折衝とかあったりしたけど、割とすぐに慣れたし。うまくいったところでガツンとヘコんだから、手も足もでなくなっていたんだな、きっと。


こうして、今の自分の状態を意識するところから段々と上に向かえばいいかな。なんか、こう文章を書いただけでもテンションが上がってきた。先に進むために、まずは今の自分を認めなきゃいかんね。
posted by comr at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

経験→学習→振り返り
この繰り返しで自分を鍛える。
なんかこれ、聞いたことあるなーって、
これってPDCAじゃーんと。

研修でいろいろ聞いていると、
改めて気付かされることが非常に多い。


今日なるほどと思った上の一言
「教えを請うより盗め」





4月は飲み会多いー。
毎回「はるな愛」を踊って酒がぐるんぐるん回る。

OB会は5,6月かな。
posted by comr at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

異動

今日で部署最後の業務だった。明日から出向。
配属されてからの数ヶ月間は、
仕事の基礎から(電話取りや週一の報告など)
難しい業務までいろんなことをやらせてもらえた。
この経験の中でいろんなことに気付いたし学んだ。

データ分析手法とかエクセルの使い方などの「知識」もついたけど、
仕事の回し方などの「知恵」もいっぱい学んだ。
「知識」は勉強すればつく。けど「知恵」は
経験と教えて貰わないと身に付かない。

その中でもガツンときたのが、
なんでもかんでも気合があれば乗り切られるわけじゃなく、
やっぱり個人でできることには限界があり、
そこでいかにして仕事を回すかということ。
自分に力があれば良いけれど、力がついてから動くようでは遅すぎる。
自分ひとりで抱え込んで業務が停滞するのはもう最悪の状態。

そこで仕事を回すには、いかに凄い人達を巻き込んで
力を借りるかという事に尽きると思う。
そのためには、いろんな人達を巻き込めるように動かないといけない。
(核心はあえて割愛)

会社の中でもうちはマネージメントの部署なので、
そんなことを強く実感しましたとさ。
posted by comr at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

人間臭い

仕事中、みんなWBCの決勝戦が気になっていたみたいで、仕事しながらニュースを見て「あー!」という声が聞こえてきた。しかしまさか勝てるとは思わなかった。いい勝ち方だったなー。


イチローは最後の最後で素晴らしい結果を残した。ずっと波に乗れなくて、ずっと精神的にも潜っていた中でガツンとやってくれたのはホントに凄いと思う。

野球って「流れ」があるんだと個人的には思っていて、それに乗って、「勝ちの流れ」を自分にもってくることで、実力と相俟っていい結果を残せるんだと思う。しかし、あのプレッシャーの中、「流れ」を引き寄せることができずにやってきたってのは想像以上に辛いんだなと思う。

イチローがインタビューで言った言葉が印象的だった。
「苦しさからつらさになって、つらさを超えたら心の痛みになった」イチローのことは良く知らないけど、とりあえず精神面の強いスゴい人なのかなと思っていた。しかし、この言葉を聞いて、普通の人と同じように人間臭いところがあるんだなーと、人間臭い親近感というか、遠いところにいる別次元の人ではないと感じた。むしろ弱い部分があるからこそ、それを乗り越えるためにムチャクチャな努力をしたり、メンタルをコントロールする術を確立していったんだろうなーと勝手に想像した。

「神が降りてきた」ってのは、自分をコントロールしてなんとか前に進めようとする手段を講じても、どうにもならなかった中で結果を残せた一言なんじゃないかなと。「流れ」は最後は人智の及ばないところにある、だから最後は運を天に任せるしかないんだと思う。

だからこそ掴んだ時に最大の結果を残すための準備は常に万全にしておくべきなんだろうな。努力不完全で神頼みっていうことにならないように、常日頃努力しておかないとなと思った。

全部が全部同じってわけじゃないけど、仕事面での活力を貰った。仕事でしんどい時期があったから、この試合でのイチローに重ねていろんなことを思った。


仕事。目的がなんとなく自分の言葉で語れるようになった気がする。まだ先輩の言うねらいを完全に掴みきれたわけじゃないけど、ゴールが見えてきた。ここで分かりやすい成果が出なくても、このアプローチは必ず仕事に活きてくる。そう信じて、怠けたり、逃げたりしそうな意識をなんとか前へ進めよう。普通の人以上に結果を出すにはもっと努力を。先の自分を想像して、その自分になるために向かって。

まだ将来こういうことをしようという像は見えない。医者などの専門職は別として、会社側の意向によって人事が大きく変わってくる一般企業の社員にとって、仕事の仕方を知らず、どんな仕事があって、どんな仕事に巡り会えるか分からない中で、「これだ」という明確な目標を見つけるほうが困難だ。「これだ」と思っているものは近視眼的になっているだけかもしれないし、自分がどんな上司に会い、どんな仕事を貰うかによってその後のキャリアは大きく左右されるからだ。

しかし何も考えずにいては、高いモチベーションを維持するのは難しい。「この仕事でこうなろう、これを得よう」という目標を設定した上で仕事を遂行し、次の仕事でワンランク上の目標を設定して遂行、これを繰り返すことでだんだんと高い場所に向かうことができるのでは、と思っている。つまり、この図の右側のようなイメージでやっていこうかと。
ee.JPG




今気になってるもの。

「コルテオ」、屋久島
posted by comr at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

メンドくさい俺ら

今日も、琵琶湖沿いを車で走りながらいろんな事を喋った。
仕事面で心がかなりふさぎこんでいたけど、一気に楽になった。

「成功させるために頑張るんじゃなく、自分で納得いくまでがむしゃらに。」

「他人と比較するなら全部比較」

「これだ、っていう仕事を欲している。それが今見つからなくて焦るよりも、仕事以外のプライベートを充実させる」

・・等々

全部グッときた。かなりきた。他の誰が言うよりも心に染みる。





この場所は、これまで楽しいことや辛いことを喋る時に来た場所だ。1年前は、今とは違った青春っぽいような話をしたと思う。時間が経つにつれて話すこともだんだん変わってきてる。大人になってるってことなんかな。こうやってお互いに自分を見直すことで、少しずつ前に進むとか、成長してるとか、何かしら変わっていってるんかな。

何年か後には、互いに自分の道を突っ走っていたい。その時に今を振り返ると、この悩んだ時間もすごく大事だったときっと思えるんじゃないかと思う。それまで踏ん張ろう。




しかし、人にはいろんなこと言えるのに、自分のことになるとさっぱり。やっぱ俺らメンドくさいヤツらだなぁw
だから、そういう所を認めてくれて、素直に甘えられるようなお姉さん的な、大人な人がパートナーとして良いのではと思ったりもしますw
posted by comr at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

仕事のまわし方

努力も的を射た努力をしないと意味がない。
自分がコレで良いと思っているやり方で自分勝手に進めても
結果的に足を引っ張ったらチームからしたら迷惑なだけ。

逆に、うまくできなくても他の人に仕事を振れば良いし、
他の人が大変で手が回らなかったら、自分が助ける。
そんな風にして仕事ってまわしていくもん、
少なくともウチの会社はそういう仕事のやり方だってことに
ようやく気がついた。

個人として仕事を達成するのではなく、
チームとして仕事を達成するために仕事をまわすことを考える。
その中で自分の役割ってのをを明確にして、
全体の調和を考えて仕事する。

切り替えて頑張るぞー。
posted by comr at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。