2009年09月27日

楽しい休日

1.タコパ

昨日は友達(同期)とタコパをした。メチャクチャ楽しかった。
各々好きなものを持ち寄ってたこ焼き+いろんなグルメ。中にはこんなものもあった。

DSC03892.JPG
どーん


嫁さんも同期とすっかり仲良くなった。ええこっちゃ。
またみんなでスキューバダイビングいこうという話もしたり。


昨日のタコパのために、何週間か前にたこ焼き器を買おうと探していたのだけど、電気モンかコンロ用の鉄板のどちらにしようか悩んでいた。それを関西出身の同期に聴いたら、「そら絶対ガスがええで」というもんだから、結局鋳鉄製のゴツいたこ焼き器にした。

鋳鉄製はいい。油が馴染むといい感じに焼ける。


2.鉄

鉄は、中の成分と製造法によって性質を変える事ができる。逆の言い方をすると、製造法をうまくコントロールしないと、製品品質のばらつきがでやすいとも言える。


鋳鉄・・・溶かした鉄を型に流し込んで作る鉄製の品物。
     炭素量が多く、強度はさほどないけど、簡単に作れる。
     見た目はゴツゴツ。

鍛造・・・鉄を何度も叩いて鍛える製法。
     そうすることで、内部の結晶をツメツメにして硬くすることができる。
     鍛造で作られた代表は刀。包丁。
     日本刀はこれによって強度を出し、バツグンの切れ味を出している。
     (他にも、焼入れをしたり)

    

ちなみに、鉄にクロムやニッケルを入れたものをステンレスという。
さらに、鉄にアルミ、銅、あと諸々入れたものはジュラルミンという。


うーん、ちゃんと覚えてるもんだなー。


3.貴金属

金の製品で金の含有量が75%のものを18金という。残りにどの金属を入れるかによって名称が変わる。例えば、

 主成分が銅 → ピンクゴールド
 主成分がニッケル → ホワイトゴールド
 主成分が銀 → イエローゴールド


金100%のものは24金というのだけど、金だけだと柔らかすぎるので、装飾品買うなら18金の方が実用的でいい。ロマンもへったくれれもないけどね。決して彼女に、
「本当は金100%がいいと思ったんだけど、金属強度の問題、実用面を考慮して18金がいいと思ったから、18金のリングをプレゼントするよ(決して安いから18金にしたんじゃないよ!)」
といいながらリングをプレゼントしてはダメです。自分の同期は普通にこんなこと言いそうだな。

けど、せっかく選ぶならプラチナがいい。プラチナも、プラチナだけだと柔らかいので、金と同じように他の金属を入れる。純度はPt○○○○と表記。90%だとPt900。

プラチナ100%だとPt1000のはずだが、表記方法から、あるパーセンテージを超えたらPt1000と呼んでも良いことになっている。だからプラチナ100%じゃないのにPt1000の製品もザラにある。だからPt1000が必ずしも純度100%ではない。あ、言っちゃった。これ内緒ね。
彼女に、
「僕らの永遠の愛を誓って、プラチナ100%にしようね。けど、必ずしも全部が全部プラチナ100%じゃないけどね(これ宝飾業界の裏ね!)」なんてことも言ってはダメです。まぁ、Pt900ぐらいがちょうどいい。

これからリングを選ぶ予定がある人は参考に。



****

靴が来た。22日夜に注文して26日昼に届いたから、3日強で届いたことになる。いくらなんでも早いなぁ。

ちなみに買ったのはコレ。履き心地最高。見た目ボッテリしてるけど履くとそうでもないく、むしろボッテリさがかわいい。秋冬物だと全部の服に合う。トリッカーズ、マジオススメ。
日本で買うと6万ぐらいだが、230ポンド(35000円ほど)で買えた。今はポンドが下がってきてるから、もっと安く買えるかも。気になる人はケータイで聴いてちょ。
もし次買うとしたら、絶対コレだな。カワイイ。こういう風に服に合わせてみたい。


****

最近仕事がメッチャ楽しい。ノリに乗っている。困難なシステム開発も、俯瞰し、自分のペースが掴めてくると一気に楽しくなる。


自分の成長のためには、どれだけ「気付き」に出会えるかどうかだと思ってたり。何かうまくいったり失敗したりした時、「そういう事か!」という瞬間がある。
posted by comr at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

世界は狭い

イギリスから注文した靴がもう早々と日本に到着とのこと。

今回の靴の発送には、ParcelForceという運送会社を使っているみたいだけど、驚いたのはその早さではなく、日本のEMSと連携していることだ。

まず、荷物番号⇒Tracking Numberが割り振られるのだけど、そのTracking Numberを使ってParcelForceのWEBサイトで現在荷物がどこにあるかをトレースするすることができる。ParcelForceはイギリスの運送会社だから、最後のTrackは「日本に届いたよ!」っていう情報であるのが普通だと思うのだが、日本に届いてからのトレースも全部載っている。今のところ最後のTrackは、Nagoya CPO(名古屋中央郵便局)になっている。更に、EMSのサイトでも、このTracking Numberを使って、同様にトレースすることができる。最後の情報は、ParcelForceと同じく、名古屋中央郵便局になっていた。

流通の世界はホントにすごい。なんでこんなに早く&便利になったのか・・。
posted by comr at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

日々実感

今日の研修は物凄くためになった。
入社してすぐの集合研修より、ある程度仕事をしてから研修を行った方が、遥かに飲み込みが良いと思う。自分が働く前に詰め込まれても、目的意識が会社のそれと共有できないから、教える側と教えられる側との間にどうしても溝ができる。つまり共通の経験がないから、同じ目線、同じ言葉で語れないし、考えることができない。

研修テキストを自分専用にカスタマイズした。必要な情報を、自分が欲しい時にすぐ引き出せるようにした。多分、これからずっと使っていく宝になるだろう。

***

メモ

1)企業の財政体質
企業の目的の一つが「利益を追求する」だが、それを「売り上げを伸ばす」とイコールでは結べない。正確には、
 @売り上げを伸ばす
 A原価を下げる(利益率を上げる)
この二つの条件が両方満たされる時、初めて利益を伸ばすことができるため、売り上げだけに注目してると表面的に企業を「良い悪い」と判断してしまう恐れがある。

更に、同じ利益でも、粗利・営業利益・経常利益・純利益によって全然見方が違ってくるので、それぞれを注意してみる必要がある。


2)進捗管理
よく使われるツールが「ガントチャート」だが、それだけでは管理できない部分がある。例えば、「どの項目が遅れたらスケジュールを見直さなければならない」といった情報だ。それを補うのがクリティカルパスを示したツール(例えばアローダイアグラム)であったりする。しかし、後者のツールを使ってるところなんてあるのか分からない。(実際見たことがない)



以下脱線。

進捗報告については、散々上司に突っ込まれた。「君が言ってることは分からん」と。情報を共有するために、伝える相手に伝わる言葉、必要な情報を用いて必要最小限に報告する必要がある。

口で言うのは簡単だが、結局これは慣れるしかない。これは元々能力があるとか関係なく、どれだけ場数踏んで成長していけるかによると思う。仕事は結局そればっかりだ。それができる人を「要領がいい」といい、そして、組織の中で台頭していく人だと自分は思う。


***

ITのカタカナ言葉による概念、その多さに辟易する。SCM、ERP、EVM、WBS、MTBF・・・もう何がなんだか分からない。こんな言葉を覚えても、仕事ができる気もしない。

概念に踊らされて本質的にするべきことが非常に見難い。これはなんとかならんものか。


***

オリンパスのPENいい。
けどパナソニックのDMC-GF1もいい。こっちの方がネットでの評価はいい。
もんのすごく欲しい。オシャレ。
普通のデジイチは「これから写真撮ります!」いう感じがするから
気軽に持っていける雰囲気ではないけど、これはいい。
posted by comr at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

音のブツ

通勤用で使っているiPod(嫁の)のイヤホンを変えたいなぁーとか思ってたり。やっぱりインナーイヤー型なら、Etymotic ResearchかSHUREかなー、とか思いながら検索してみた。

Etymotic ResearchのER-4Sがメチャメチャ安いじゃん!何年か前は3、4万していたような。

あと新商品も出てる。これは非常に気になる。

多分買わないものを選んでいるこの時間、いとおかし。妄想バンザイ。

***

情報、データ、知識、知恵。

例えばこんな言葉の明確な定義付けが、いまいちできていない。

仕事で、自分のモノサシを作るのに意識を傾けている。
なければなくても仕事はできる。目をつぶることも。
けれど、後輩達に教える時に、自分の考えがしっかりしていないのは絶対に嫌だ。揺らぐことがない自分の考えをもって教育したい。あやふやなところを分かった風、他人の言葉を借りて威張ったように言うのは最悪。

・自分のモノサシを作る。
・徹底的に型を自分のモノにする。

やるべきことをシンプルにすると、途端に動きやすくなる。
最近、超仕事人間。


そうそう、最近社内研修を受けた。(せっかくの学びの場なのに寝ている人がいるのは世の常)
問題解決のための手段で、是非実践しようと思える内容だった。しかしメーカーは動きが遅い気がする。

コンサルの人がどう課題解決を行っているかとか、どう仕事してるかを一度聞いてみたい。結構ホンキで。異業種交流なるものをやってみたい。


***


気になっていた靴をついに英国から注文した。
円高ポンド安はもう気にせん!
それでも日本で買う価格の2/3ほど。

この前買ったベージュの7分丈パンツや、激安で買ったチェック柄パンツをロールアップにして合わせると多分最高。


***

「おくりびと」を観た。
素晴らしかった。これは本当に素晴らしい。

どう素晴らしいかというと、もう1回観たいとか、いつかDVDをまだ見ぬマイホームに揃えたいとか、そういうレベル。めんどくさがりの自分にとってこう思えるというのは、相当のものだという事だ、が、多分全然伝わらないだろうな。
posted by comr at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

タイトルをつけること

書類を大量に書くようになって気がついてきたこと。

見出しの重要性。

見出しは、見出し内の文章を一言でいうと何?(しかも体言止めで)っていうメッセージを表したものであり、その目的を明確に表す役割がある。

自分の場合はプログラムの要件定義書や設計書を書くことが多い。例えば、モジュールの機能を一言でバシッと書くとか。他人が見たらコレで分かるかなーと考えつつ。んで、見出しができた時点で、見出し同士をつなげると、その案件で満たすべき処理が表すことができる、はず なんだけど、いざそれをやって見てみると、意外と何がなんだか分からなかったりする。全体の流れも考えないとダメなんだよなぁ。。

他人が書いた設計書を見て処理を理解しないといけないとき、よく苦労する。ちゃんと書いてる人もいるけど、オリジナリティ溢れる表現の人もいて、そういう書類に当たってしまった時、何をしてるかを理解するのに物凄く苦労する。しょうがないから、知ってる人に「コレ何やってるんですか?」と聞くハメになる。そういうのをやってると、ここは時間かけてでもちゃんとやらないとなーと思う。自分の書類を見て、他人に「なんだこれ?」と思わせるのは恥ずかしい事だもんね。


そんなこんなで見出しに注目してると、最近の本の見方が変わってきた。
(本来ならば、ここの前に何かしら見出しをつけるべきなんだろうなw)

書店に行って、興味を持った本を手にとってまずすることは、目次を見て、本が何を伝えたいか、全体と流れを確認する。プロローグを見ることもあるが、大抵ただの前フリとか「入り」であったりすることが多いので(〜様に感謝しますとか)、見ても全体像が見えなかったりするので、あまり見ない。

見出しをパラパラ見てると、それだけで本の内容が分かることがある。それが顕著なのがビジネス書。特に自己啓発本。「〜しろ!」とかの見出し。最近思うのが、自己啓発の多くが、昔から言われてる当たり前の事に自己の経験や成功を結びつけてそれらしく語っていて、そのフレーズの多くが使い古されてるように思う。だから、目次だけで内容が大体分かってしまう。自己啓発本に目新しさを感じることはあまりない。

結局のところ、自分が心がけるべきことはいくつかに絞られ、なおかつシンプル思考でいることが良いという考えに今は行き着いている。

自分が心がけてるのは、
1)人の真似をしまくる。それを繰り返す。
2)まず全体を見渡す。そこから細部へ。
3)自分の思考が停止しそうになったら、人に話す。
結局残ったエッセンスなんて、たったこんなものだ。
これぐらいシンプルである方が、楽だ。



***

最近、服選びの見方も変わってきた。前は、このジャケットがいいとか、1点でのみ服装を考えていた。けどそうすると、服全体のコーディネートに統一性がなくなる。無いセンスで、一生懸命コーディネートを考えなければならなくなる。

そこで気付いた。服はジャケットだけで着るわけではないと。

んで、ファッション誌を見ると、いろんなコーディネートがある。ならば答えは単純だ。それを真似すればいいだけ。自分はどんなに頑張ってもセンスはない。無いセンスでウンウン唸ってもしょうがないので、真似をする。真似のために服を買って、その通りにコーディネートする。余計なことは考えてもしょうがない。自分は所詮凡人なのだから。世の中の大半は凡人だ。

全部そう。プログラミングも。実務で必要なプログラミングなんて既にあるロジックの組み合わせにすぎない。ならば、それを徹底的に真似をして、パターンを組み合わせられれば、それでよい。元々ないプログラミングのセンスを磨いてもしょうがない。凡人なのだから。


この本を買った。面白そう。深追いはしないが、「知っておく」ことは重要だと思う。

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

  • 作者: 國貞 克則
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2007/05/11
  • メディア: 新書



posted by comr at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

失敗と

今日の勉強会講義は、正直失敗だった。準備が足りなく、自分の理解が足りないせいで、聴講者にほとんどと言って良いほど理解してもらえなかったと思う。一時間半の持ち時間が長く感じ、ずっと脂汗が流れっぱなしだった。こりゃいかんと痛感した日だった。

やってみて強く実感したことだが、相手に講義形式で教えることは、本っっっっ当に難しい。
聴いてる人を魅了するには、いくつか達成しておかないといけないステップがあると思う。
1.まずは自分が完膚なきまで、自分の言葉で語れるぐらいまでに徹底的に理解していること
2.教える目的・ゴールを決めてストーリーを作ること
3.何度も反復して練習すること

失敗からいろんな事に気がついた。失敗して初めて分かったことがメチャクチャいっぱいあった。次に繋げていこう。

***

昨日は、スラムダンク・バガボンドの作者、井上雄彦を特集した「プロフェッショナル仕事の流儀」だった。

最高に良かった。
posted by comr at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

IT屋の

情報システムを作るには、顧客の業務について知らなければならない。
今は情報システムの作り方と、自社の業務、顧客の業務の3つを学んでいる。これはどこも同じかな。

そういえば、どこかで「業務のために、システムでどこが必要かをちゃんと考えろ!」という怒号が聞こえてきた。

確かにIT屋からすれば、システム作ってお金を貰えばそれでいいかもしれないが、顧客がシステムを求める理由は、情報システムによって業務を効率化したいとか、現状業務で問題がある箇所を解決したい等の目的がある。しかも(当たり前だが)相手は情報システムのことは良く分からない。だから、本当に顧客のために、こうしたらここが良くなるとかを、示せられる所まで踏み込んでこそ、IT屋としての価値があるのではと思う。

→ 億単位の金払ってシステム入れました
→ あまり使っていません
→ むしろ使いにくい
→ カスタマイズしたい
→ 費用がかさむ
→ システムお荷物

これイクナイ例


***

業務中に、P/LとかB/Sの話をした。簿記の知識、意外と生きる。商売やってるなら知っとかないといかんね。いつか勉強会で授業やろうっと。
posted by comr at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

急に寒くなった

あまりの寒さに夜中に羽根布団を出してきた。

案件の設計書が全然終わりますん。ロジックを理解するのに苦労している。


****

友人音源は、全体のミックスダウンが終わり、後は微調整のみ。出音がいい音源は、何をしてもしっくりくるねー。

そういえば、大学ん時の先輩が、フォーカスライトのマイクプリ(※1)を買ったそうな。フォーカスライトって!(※2)ありえねー!

こういう話を聴くとテンションが上がる。機材を揃えて、出張録音みたいなことやりたいなー。もっと腕を上げないといけないけど。


※1 マイクプリとは、マイクを接続するための機械で、超微弱なマイクの音声信号を機械で扱える音量まで上げてやる機械。言い換えればマイク専用アンプ。
「音量上げるためだけの機械かよ!」と思うかもしれないが、音量を上げる(アンプで信号を増幅させる)のは技術的に難しく、素人録音とプロとの明らかな違いは、マイクとマイクセッティング、そしてマイクプリによるものがほぼ全てだと言っても過言ではない。一本分マイクのマイクプリだけで数十万を優に超えるするものもある。
ちなみにマイクプリで上げる音量は大体60dBぐらい。20logx = 60(dB)であるから、大体マイクの信号を1000倍ぐらいに増幅していることになる。だから機械の影響をもろに受けるのは当然っちゃー当然と言える。(当然マイクに変なノイズが乗れば、それも1000倍になって録音される。気をつけましょう)


※2フォーカスライトとは、上記マイクプリでも良品を出していると評判のメーカーのこと(聴いたことないので憧れに過ぎない)。到底個人がポンと買えるような代物ではない。




***


勉強会の教材作り。今回は基本情報技術者試験の中から午後問題をチョイス。データベースやらが範囲になっているけど、研修でやったきりだから、もう忘れたぜ!

仕事終わってから、音響と勉強会の準備。時間がいくらあっても足りないぜ!


名曲。We Are The World
なんだこのありえない面子は・・。すげーなぁ。
トップアーティストのコーラスが圧巻すぐる。
こんなコーラス聴いたことない。
こんなのを録音できたら最高だろうなぁ。
というか、外国人の声量マジでパネェ。


Flashプレーヤーを10にしたら、固まりだすようになったので、ムービーのリンクを削除。
posted by comr at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

音漬

昨日がエヴァの公開最終日ということで、4回目を観に行ってきた。
意外と人が多く、初めて観るような人が大半を締めていたように思う。(フロ上がりのシーンで驚いて笑ってたとか)

やっぱりサハクィエル戦と、2号機獣化第二形態のゼルエル戦あたりが興奮するなぁ。


**

友人の曲のミックスを頼まれているので、今週末と来週は作業。夏休みからちょくちょく音源を貰っていたけれど、なかなか手を出せずにいて「申し訳ないなぁ」と思いつつ。やっぱ先延ばしにするのはいくないね。

ちょっと前まではデータ授受用のアップローダもなかなか見つからなかったんだけど、最近は便利なもので、どんな容量でも簡単にアップできてしまう。授受用に、オンラインストレージなんぞ導入するのもありなんじゃね?とか考えたりもします。






自分をみてくれてる会社の先輩が、実は音屋ということを知って衝撃を受けた。コンポーザー(作曲者)でいろんな所に曲を提供しているらしい。サイトで曲を聴いてみたけど、いろんな面で曲の質がかなり高いように感じた。

先輩は全部シンセ上で作業をやってしまうのだが、「録音」という作業がないだけ、音の良いこと良いこと。生音は、極めれば機械より遥かに良いのだけど、録音ミスったりすると、どんなことしても良くならない。それだけ、ものすっごい高い技術が要る。だから、個人が「よし!いっちょ曲作ってみっか!」と一から曲を作ろうと思うと、全部シンセでやる方が生音の録音より遥かにコストパフォーマンスが良いのである。

自分はシンセ操ろうとは思わないし、曲作ろうとも思わないので、これからもきっと生音派。たまにシンセの音源貰うけど、正直、どうやって処理していいか分からないw



***

GBPが下がり傾向にある。
このまま12月まで下がってくれー。今年1,2月ぐらいの円高水準は希望薄いだろうけど。。
posted by comr at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

ブルーレイ版が出るまで見納め

お客様とのレビュー。自分が何かするわけではなかったが、開発案件の複雑さ、難しさを感じた。それもだが、とにかく覚える事が多い。顧客業務、自分達の業務、技術の知識。電車の中でいわゆる、ウチの生産方式についての本を読んだり。

勉強会は定例的に開催。


**


「ドラゴン桜」の作者の「エンゼルバンク」が結構面白い。なるほどなーと思わされる。

こんなものを発見↓自分の仕事の時給を判定できるらすぃ。



自分の時給を判定してみた。コメントが面白いw


***

明日はエヴァの公開最終日。
というわけで最終のレイトショーを予約!
posted by comr at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

守破離

序破Qではないです。

最近、自分のモットーというか意識している事。

「守」とは、型を身につける事
「破」とは、型を自分なりにアレンジを加えてみる事
「離」とは、型を破り、自らの型を作ってみる事

自分なりに解釈するとこうなる。
型もなしに型を破ろうとするのは「形無し」になってしまうので(中村勘三郎氏の言葉)、まずは「守」を確実にできるようになろう。型に則って語ることができなければ、社内の折衝において取り合ってももらえないし。


今日の研修は、そんなウチの会社の基本の型を教えられた日だった。久々のGDで面白かったし、非常に勉強になった。

勉強会でも、そんな型をうまいこと拡げられたらいいなぁと思ったり。絶対いい武器になる。
posted by comr at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

会社の先輩

書類をチェックしてもらう。
 ↓
赤ペン先生される。
 ↓
訂正箇所にリラックマが描いてある。
リラックマが両手で×のポーズをしてて、「ダメー」と言ってる
しかもそのリラックマがかなりうまい。
そんな人。

スピード感あって締めつつも、こんな風に
適度に抜いて楽しくやっております。


今は守破離の「守」。頑張るのだ。

***

エヴァが段々公開終了になりつつあるので、
夫婦で4回目観に行こうか考え中。
posted by comr at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

涼しくなってきた

夏休みも終わり、すっかり仕事モード。
夏休みは実家帰ったり、石見銀山行ったり、原爆ドーム見に行ったり。

**

自分はメーカーの人間だが、今いる会社は完全なIT会社。今自分が開発しているものが自分の会社の仕組みを支えていると考えると、テンションが上がる。システムから自分の会社の業務の流れが分かる。

システム開発の各工程を順々に行っているが、見積もり、要件定義、設計でもっと学びたい事が次から次へと出てくる。研修の時には「へー」とか「ほー」とかいう風にしか感じなかったけど、実際に業務に携わるようになると、「なるほど」と思わされるものが多い。今もう一回研修を受けたいw

**

先日、課の飲み会があった。ビールを先輩に注がれまくって、多分ピッチャー1.5杯飲んだ。もちろん帰ってからエラいことになった。吐くわ吐くわで何もできず、土日を全部潰した。。やっぱり酒はダメだー。
お酒での失敗はホント自分にも周りにも良くないっす。。自己管理、自己責任で楽しい酒を。

**

勉強会は隔週でやってます。今は基本情報技術者試験対策。しかし自分だけ試験の申し込み忘れた(飲み会の日が締め切りだったことに後で気がついた)


**

ある日、同期から社内メールが届いた。
その内容が、「次のcomr家ホームパーティいつやる?」


いやいやいや、その内容ならケータイで送ってくれよw

次はタコパかな!
posted by comr at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

メモ

社内のプロジェクト事例を目にして思った。
「こういうのをやってみたい!」と。

今自分がいる場所で仕事をすることは、決してイヤではない。これから自分が携わるであろう仕事の使命感というのは持っているつもりだ。しかし「このままでいいのか?」という思いもある。まだいっちょ前に仕事ができていない身分なのでこんなことを思うことはおこがましいのは重々承知だが、せっかく自分が会社で働いている以上、いろんな仕事を経験したいという気持ちがとても強い。

いろんなやりかたをする部署で仕事をすることで、個人の物事を判断する力を磨いていく。そして組織を引っ張っていける人間を育成することが、結果的に会社の行きぬく力に結びつくのではないかと思う。

では、どうやって他の部署に移るか?もちろん、ただ「行きたい!」といったところで、「はぁ?こいつ仕事も覚えていないくせに何をいっとるんだ」というのは目に見えている。だから今はそんなことは口にしない。




最近自分が携わったプロジェクト(冒頭のとは関係ない)からいろんな事を学んだ。その一つが、結局どんな上の役職であろうと、結局は同じ人間で、感情によって突き動かすことができるのだと。ただ、上に役職になればなるほど、相応の視点での説得が必要になる。

自分の身の振りを決めることができる人が相当上の役職の人なので、会社の利益に繋がる+個人の成長戦略として筋が通っている内容で説得しないといけない。逆に相手視点で「こいつの身の振りをどうしようか」や「仕事上どこにどの人員を割り振ろうか」ということを考えられるようになると、そういう偉い人とも交渉することができると思う。

ではこれから自分がどう行動するべきか。まずは、会社視点、他人視点、自分の成長という視点など、様々な角度から冷静に分析し、納得させられることができるようにまとめられる能力が必要だ。そして、どんな人でも納得させられることができる折衝力を身につける。これらは組織の中で他人を動かすための基礎能力となる。

そして今いる職場で仕事を学んで利益をリターンし、自分の成長のために「何を得たか」という事を明らかにする。そういう実績を築き、状況が整ったら、交渉してみるつもりだ。




こういう事を考えられるようになったのは、先日自分が携わったプロジェクトのおかげだ。

そのプロジェクトでは、違和感を感じることもあったが、逆に自分のモノサシを創りあげる良い材料にもなった。プロジェクト管理、工数管理、相手とこちらの役割や権限の割り振りに加えて、活字では決して学ぶことができないであろう人間的なドロドロした部分を多く学ぶことができた。そこで一つの結論を得た。得てして人間っちゅーのは(自分を含めて)感情的だなぁと。

だったらそれを逆手に取り、感情で相手を突き動かせられるようにし、加えて説得力のある論理的な材料があれば、どんな牙城も突き崩すことは無謀ではないのかなと。



風呂に入りながらちょっと思ったことをバーッとメモってみた。



そうそう、これで思った加持さんの名言

「大人はな、ズルいくらいがちょうどいいんだ」
posted by comr at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

過程を楽しむ

とあるブログ記事でなるほどなーと思ったこと。

・キャリアとは到達点ではなく過程

・自分をフィードバックしてくれる機会は貴重

明日は、自分がやっていたプロジェクトの報告と提案。上の人に直接かけあう。緊張するけど、これをやることでまた一歩成長できるかなという期待もある。こういう機会は自発的に作っていかないとね。結果よりも、自分が「やった」という経験を重ねたい。こういう過程を楽しもう。


***

親友が一級建築士の一次試験に合格した。
もんのすごい努力の結果。最高だ。
posted by comr at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

第1回勉強会から見えてきたもの

人に伝えることや教えることはとても難しい、だがそれ以上にいろんなことに気付くことができた。それを実感した勉強会第1回目の授業だった。人に教えることは、独力で勉強する以上に学ぶことが多い。能力を磨きたい人同士が、人に伝えることで自分が学んだことの理解をより深めたり、授業を聞くことで自分の知らない知識を得ることができる。

更に、自分達で考えて体制を形作っていくことで、能動的な企画能力も磨かれる。どういう取り決めにしようだとか、どうやって講師の順番を回していこうだとか。

最初はできないことだらけだ。でもそれでいい。そこを乗り越えて改善していくからこそ良いものが段々と仕上がっていくから。

自分の授業もダメな点を挙げるとキリがない。だが、その気付きがあるからこそ、そこから端を発して「こうできるようになりたいから、あれを学ぼう、これを身につけよう」と自分のやりたいことが見えてくる。

次はこんな授業をしようか。システムの話もよいけど、会計の話もしてみたい。
posted by comr at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

最近

セールで2足目グレンソンの靴を買った。
DSC03888.JPG
同期の結婚式2次会で履いていったけど、素晴らしい履き心地でテンションが上がるわー。

**

金曜日。課の新人歓迎会をやった。やっぱり飲み会というものは、何人か一人ぼっちが出てきてしまうので、できる限りそうならないように、独りの人に声をかけて間をつなぐように意識した。(前のOB会の時も、独りの人がでないようにした)

いきなり、「何か一発芸やって〜」と言われたので、他の子とズクダンズンブングンゲームを完全アドリブでやった。個人的には事故ったと思ったけど、周りからはかなりウケがよかった。これでこれからうまくやっていけるだろうww

直属の上司と普段聞けないような話をした。今やっているシステムの責任感や使命感を共有することができて、仕事に対するモチベーションがまた上がった。とりあえず自分は、能力をどんどん高めたりするということに固執するのではなく、いろんな人と話ができて、いろんな人から信頼されるような仕事をしようと決めた。

システムとはいえ、顧客あってのシステム。まさにオーダーメイドで、それが家とか服など手に触れられるものか、システムのような仕組みかっていうだけの違い。そういう意味では、より人とうまくやっていける能力が大事になってくる。ただ口がうまいとかじゃなくて、いかに誠実に対応できるかっていうところが大事になる。

いろんな人と話すっていうのは好きなので、自分の持ち味を存分に出して、周りから信頼されるようになろう。


***

「エヴァ:破」の面白さは音楽にあるとみた!
というわけでサントラ買ってきた。サントラ流すだけでストーリーが全部頭の中によみがえる。素晴らすぃ。

CA3C0058.jpg

↑もうだめかもわからんね。
3回目はいつ観ようかな。
posted by comr at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

信念

自分が信念と呼べるものをいかに築き上げていけるかは、
1.自ら考え、責任ある仕事をさせてもらえるか
2.そして、そういう場でいかに自分の考えを持って行動し、
  反省と検証で次に繋げることができるか
にかかっていると感じた。



今の業務では、セルフマネジメントに加え、マネージャによって「マネジメントしてもらう」働きかけを行っている。進捗を適切なタイミングで自分から行い、必要最低限の時間で判断できるように手はずを整えて、判断してもらう、など。組織の中で自分の立場をいかにわきまえ、その立場で最も好ましい行動をするよう意識することは、仕事を回す上でトップクラスに重要だと思っている。



嫁さんが、2週間連続土日での介護の講習でかなり疲れたみたいだ。かなり負担が大きかったらしく、熱を出してしまった。
posted by comr at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

OB会

ひとまず無事修了。
今回は30名以上、新人から市議まで随分幅広い人が集まった。さすがにこれだけ人が集まると、前回のように適当でいいやーで済まなくなり、それなりの段取りが必要になった。しかし全く進行を考えていなかったから、営業の先輩の助言を貰いながら全てその場で考えて喋った。。まぁなんとかうまくいった部類だろうか。

OBは割と多いのにも関わらず、これまで全体をまとめる組織というものが存在しなかった。今回を皮切りに、組織としてOB会をまとめるという新たなミッションが加わった。回数を重ねていって、体系的なしくみを作っていき、他OB組織とも連携をとれるようにしよう。その筋に強い先輩がいろいろ紹介してくれることになったし。

今回で、自分の名前をある程度売ることもできた。でも何より、いろんな生き方をされてきた先輩達の話が聴けて本当に良かった。いろいろ収穫の大きな会だった。





自分の行きたい方向がだんだん見えてきた。上が求める「こう育てる」と、自分の先のヴィジョンとの間に微妙なギャップが分かってきたので、今の仕事をちゃんとやりつつ、自分の願望へ軌道を向けるように動いてみよう。
posted by comr at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

えヴぁ

28日に観に行ったにも関わらず、またレイトショーチケットを買った。今回は超ど真ん中の席。

***

勉強会。
調整作業が一段落して、やっと初回始動にこぎつけることができた。人集めるところから方針、進め方、場所の決定などを、業務後に集まって考えるのはエネルギーが要った。

人の意見を聞きながら議事していく経験はあまりなかったから、どう喋るか、どう間を取るかは手探りで進めていった。

初回講義担当となった。さて、どんな内容にしようか。
posted by comr at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする