2009年11月16日

本部ログ作ったはいいけれど、全然更新してねえや

ERPパッケージ導入失敗事例物語の本を読んでいる。
ERPという名に惹かれて導入したはいいものの、金食うだけで欲しい情報を得ることができない・・というもの。

結構面白い。

ERPパッケージに限らず、情報システムは本当に金を食う。パッケージが安くてもカスタマイズで金が飛ぶし、保守運用は大規模になればなるほど手厚く面倒見なければいなくなるため、永続的に金を流し続けることになる。

情報システムがその会社にとって本当に良い利益を生む手助けをしてくれるものなのか、というところまで、突っ込んで考えないといけない。情報システムは、既存業務を楽にすることが目的なわけだから、必要最小限であればいいし、そのように進めるべきだ。


***

勉強会について新たな提言が。
今までは、各人が授業を受け持つスタイルで進めてきたが、こんな方法でやったらどうよ?っていう意見があった。
 @前の会でテーマと概要を説明
 A次の会までに全員がそのテーマについて調べる
 B全員が順番に発表する
 C発表ごとに全員でディスカッションをする

これによる効果は、
・アウトプット+ディスカッションで、全員がその分野を語るまでに知識をあげることができる。
・全員が毎回調べることで、講義を受ける側も勉強をしない期間がなくなる。
・限られた時間でメンバーを納得させられる資料作り+プレゼンで、伝達能力の向上が見込める。


デメリット
・毎回調べなければならないため、負担が大きい。
・全員モチベーションが高いことが前提。


しかし、これは非常に良い方法だと思う。


***

大企業にいると、自分の会社のビジネス全体が俯瞰しにくくなるな。
自分の範囲の業務であっても複雑すぎるぜ。
posted by comr at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133101447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。