2009年08月01日

メモ

社内のプロジェクト事例を目にして思った。
「こういうのをやってみたい!」と。

今自分がいる場所で仕事をすることは、決してイヤではない。これから自分が携わるであろう仕事の使命感というのは持っているつもりだ。しかし「このままでいいのか?」という思いもある。まだいっちょ前に仕事ができていない身分なのでこんなことを思うことはおこがましいのは重々承知だが、せっかく自分が会社で働いている以上、いろんな仕事を経験したいという気持ちがとても強い。

いろんなやりかたをする部署で仕事をすることで、個人の物事を判断する力を磨いていく。そして組織を引っ張っていける人間を育成することが、結果的に会社の行きぬく力に結びつくのではないかと思う。

では、どうやって他の部署に移るか?もちろん、ただ「行きたい!」といったところで、「はぁ?こいつ仕事も覚えていないくせに何をいっとるんだ」というのは目に見えている。だから今はそんなことは口にしない。




最近自分が携わったプロジェクト(冒頭のとは関係ない)からいろんな事を学んだ。その一つが、結局どんな上の役職であろうと、結局は同じ人間で、感情によって突き動かすことができるのだと。ただ、上に役職になればなるほど、相応の視点での説得が必要になる。

自分の身の振りを決めることができる人が相当上の役職の人なので、会社の利益に繋がる+個人の成長戦略として筋が通っている内容で説得しないといけない。逆に相手視点で「こいつの身の振りをどうしようか」や「仕事上どこにどの人員を割り振ろうか」ということを考えられるようになると、そういう偉い人とも交渉することができると思う。

ではこれから自分がどう行動するべきか。まずは、会社視点、他人視点、自分の成長という視点など、様々な角度から冷静に分析し、納得させられることができるようにまとめられる能力が必要だ。そして、どんな人でも納得させられることができる折衝力を身につける。これらは組織の中で他人を動かすための基礎能力となる。

そして今いる職場で仕事を学んで利益をリターンし、自分の成長のために「何を得たか」という事を明らかにする。そういう実績を築き、状況が整ったら、交渉してみるつもりだ。




こういう事を考えられるようになったのは、先日自分が携わったプロジェクトのおかげだ。

そのプロジェクトでは、違和感を感じることもあったが、逆に自分のモノサシを創りあげる良い材料にもなった。プロジェクト管理、工数管理、相手とこちらの役割や権限の割り振りに加えて、活字では決して学ぶことができないであろう人間的なドロドロした部分を多く学ぶことができた。そこで一つの結論を得た。得てして人間っちゅーのは(自分を含めて)感情的だなぁと。

だったらそれを逆手に取り、感情で相手を突き動かせられるようにし、加えて説得力のある論理的な材料があれば、どんな牙城も突き崩すことは無謀ではないのかなと。



風呂に入りながらちょっと思ったことをバーッとメモってみた。



そうそう、これで思った加持さんの名言

「大人はな、ズルいくらいがちょうどいいんだ」
posted by comr at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。