2009年07月22日

第1回勉強会から見えてきたもの

人に伝えることや教えることはとても難しい、だがそれ以上にいろんなことに気付くことができた。それを実感した勉強会第1回目の授業だった。人に教えることは、独力で勉強する以上に学ぶことが多い。能力を磨きたい人同士が、人に伝えることで自分が学んだことの理解をより深めたり、授業を聞くことで自分の知らない知識を得ることができる。

更に、自分達で考えて体制を形作っていくことで、能動的な企画能力も磨かれる。どういう取り決めにしようだとか、どうやって講師の順番を回していこうだとか。

最初はできないことだらけだ。でもそれでいい。そこを乗り越えて改善していくからこそ良いものが段々と仕上がっていくから。

自分の授業もダメな点を挙げるとキリがない。だが、その気付きがあるからこそ、そこから端を発して「こうできるようになりたいから、あれを学ぼう、これを身につけよう」と自分のやりたいことが見えてくる。

次はこんな授業をしようか。システムの話もよいけど、会計の話もしてみたい。
posted by comr at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124052312
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。