2009年03月24日

人間臭い

仕事中、みんなWBCの決勝戦が気になっていたみたいで、仕事しながらニュースを見て「あー!」という声が聞こえてきた。しかしまさか勝てるとは思わなかった。いい勝ち方だったなー。


イチローは最後の最後で素晴らしい結果を残した。ずっと波に乗れなくて、ずっと精神的にも潜っていた中でガツンとやってくれたのはホントに凄いと思う。

野球って「流れ」があるんだと個人的には思っていて、それに乗って、「勝ちの流れ」を自分にもってくることで、実力と相俟っていい結果を残せるんだと思う。しかし、あのプレッシャーの中、「流れ」を引き寄せることができずにやってきたってのは想像以上に辛いんだなと思う。

イチローがインタビューで言った言葉が印象的だった。
「苦しさからつらさになって、つらさを超えたら心の痛みになった」イチローのことは良く知らないけど、とりあえず精神面の強いスゴい人なのかなと思っていた。しかし、この言葉を聞いて、普通の人と同じように人間臭いところがあるんだなーと、人間臭い親近感というか、遠いところにいる別次元の人ではないと感じた。むしろ弱い部分があるからこそ、それを乗り越えるためにムチャクチャな努力をしたり、メンタルをコントロールする術を確立していったんだろうなーと勝手に想像した。

「神が降りてきた」ってのは、自分をコントロールしてなんとか前に進めようとする手段を講じても、どうにもならなかった中で結果を残せた一言なんじゃないかなと。「流れ」は最後は人智の及ばないところにある、だから最後は運を天に任せるしかないんだと思う。

だからこそ掴んだ時に最大の結果を残すための準備は常に万全にしておくべきなんだろうな。努力不完全で神頼みっていうことにならないように、常日頃努力しておかないとなと思った。

全部が全部同じってわけじゃないけど、仕事面での活力を貰った。仕事でしんどい時期があったから、この試合でのイチローに重ねていろんなことを思った。


仕事。目的がなんとなく自分の言葉で語れるようになった気がする。まだ先輩の言うねらいを完全に掴みきれたわけじゃないけど、ゴールが見えてきた。ここで分かりやすい成果が出なくても、このアプローチは必ず仕事に活きてくる。そう信じて、怠けたり、逃げたりしそうな意識をなんとか前へ進めよう。普通の人以上に結果を出すにはもっと努力を。先の自分を想像して、その自分になるために向かって。

まだ将来こういうことをしようという像は見えない。医者などの専門職は別として、会社側の意向によって人事が大きく変わってくる一般企業の社員にとって、仕事の仕方を知らず、どんな仕事があって、どんな仕事に巡り会えるか分からない中で、「これだ」という明確な目標を見つけるほうが困難だ。「これだ」と思っているものは近視眼的になっているだけかもしれないし、自分がどんな上司に会い、どんな仕事を貰うかによってその後のキャリアは大きく左右されるからだ。

しかし何も考えずにいては、高いモチベーションを維持するのは難しい。「この仕事でこうなろう、これを得よう」という目標を設定した上で仕事を遂行し、次の仕事でワンランク上の目標を設定して遂行、これを繰り返すことでだんだんと高い場所に向かうことができるのでは、と思っている。つまり、この図の右側のようなイメージでやっていこうかと。
ee.JPG




今気になってるもの。

「コルテオ」、屋久島
posted by comr at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116159916
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。