2009年02月06日

小説版「雲のむこう、約束の場所」

雲の向こう、約束の場所の小説版を読んだ。


映画が原作で、この本はその後に出たものだ。
映画では、結末がどうなったかは一切かかれておらず、二度三度見返す程に「どうなったんだろう」という感覚がどんどん大きくなっていった。本を図書館で取り寄せてもらったのだが、借りて本を開こうと思った瞬間「どんな終わり方なんだろう」と手が震えた。こんな感覚は初めてだ。


しかし、最後を読み終えた時、不安にも似たドキドキ感、そんな感覚がフッと抜けた気がした。どうなるか分からないからこそ、想像を膨らませられたのだが、それを決定されてしまうと、後は物語の収束しか進む方向がない。これを読んでしまったことで、物語は終わってしまった。

村上春樹のラストみたいに、そういう終わり方になっちゃうのね、って感じ。


この作品は、最初はそこまではまらなかったのだが、素晴らしい描写と音楽、世界観にすっかり魅了された。かなり好き嫌いはあると思うけど、個人的には凄く好き。特に音楽が良いと思う。

「秒速5センチメートル」とかこれとか、メッチャ好きかも。微妙な人の心の揺らぎ感、それを包み込む世界観、そういうものに惹かれるのかもしれない。
posted by comr at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113779104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。