2009年01月11日

仕事はスリリングだー

「千年女優」のDVDを借りて観た。

「パプリカ」
の今敏監督作品。
なんとも表現しがたいけど、観て良かった。
こういう、琴線に触れる作品また観たいなー。




仕事は、初日から一週間飛ばしっぱなしだった。あっという間に過ぎた。

結構ハードルの高い仕事を貰ってやっていたのだけど、必死でやっても全然進んでいないような気がして、まとめ方も進め方も全部空回りしている気がして、先輩から「また的外れなことやってるなー」とか思われてるんだろうなとか考えながらと、頭ぐるぐる。そのせいで余計に冷静に分析ができなくなってバッドスパイラルに突入したりと、もうずっといっぱいいっぱいだった。

それが数日間続き、なんとか収束してまとめられそうになると、先輩から思いも寄らないフォローが入った。「決して君が仕事ができないとか遅いとか思っていなくて、この短期間でまとめてくれたと思うよ。僕だって、入社5年目でやっとできたような仕事だから」

そういわれて、なんか気が抜けた。できずに自分に苛立っていたようなドロドロした感情が一気に抜け落ちた感じ。と同時に、ここまでこれたことが急に嬉しくなった。

仕事や仕事に限らず、こういう自分にとって辛い事をやるからこそ、達成できた時の喜びは計り知れないんだろうな。また、脳みそフル回転しているから(そうせざるを得ない状況に追いやっていくからこそ)、成長していけるんだろうな。


これを積み重ねていけば、きっと何年か後にはすっげー自分になっているかもしれない、ってそう思えた。なんていうか今回は、レベルの低い状態ではぐれメタルを倒した気分(経験値がっぽりでレベルめちゃアップみたいな感じ)。



今、自分に一番近い目標だなと思える先輩の下で働いている。キツい一言があったりするけれど、うまいこと成長させれくれているなと思うし。必死でついていこう。





グレンソンの靴は最高。高い靴を履いていると、歩き方とか心構えまで変わってくる。仕事も気合の入り方が違う。「足元見られる(相手を値踏みするのに靴を見る)」とこで、絶対に引け目を感じずに済むっていうのは結構自信になる。

「そんな高い靴買ってー・・」といわれたりするけど、コレばっかりは価値観だよなーと。こんなんでモチベーション上がるならそれはそれで良い気がする。
posted by comr at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112441080
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。