2009年05月10日

Pendule de Foucault

早く月曜日にならないかなと思っているっていうことは、いい流れなんだろうな。時間が惜しくて、部屋でちびっと勉強してみたけど、仕事の延長で勉強しないとどうも続かない。やっぱり休みの日は仕事に関すること以外の事以外を楽しむ方がいいのかな?

嫁さんも資格の勉強始めたし、これから余暇の時間のいくらかは夫婦そろって勉強に回る。


 サイモン&ガーファンクル

テレビで「サイモン&ガーファンクル、最後の公演!」というCMをやっていたので、即チケット買ってしまった。海外アーティストのライブには一度も行った事がないのですごく楽しみ。サイモン&ガーファンクルといえば、NHKでかなり昔のライブを放送していたのを真夜中に見たのを思い出す。なんともキレイな歌声と、アート・ガーファンクルが『ワンピース』のブルックのようにアフロガイコツっぽかったのが印象的だった。

有名曲はこれ。スカボローフェア


イントロのギターのリヴァーブが、左右に広がる感じ。僕が好きな手法で、自分でミックスした曲のほとんどコレやってたりします。この手法自体は難しいことではないけど、これで様々な世界観を出すことはすごく難しい。僕が知ってる中で、コレを出すことが一番すごいと思う人は、川合憲次氏。イノセンスや、スカイクロラの音楽を担当している人。


 リヴァーブで世界を創りだす


重厚で、繊細で、聴くものを壮大な世界へ引き込むようなサウンド。楽曲、使用する楽器、ミックスの仕方、全てが僕の理想形。僕にゃ楽曲を作るセンスはないけど、これまでのレコーディングを通して少しでも響きでいろんな世界を作ってみようとやってみた。結論としては、使うリヴァーブだけで響きの世界観を作ることは難しく、楽器、音の録り方、他楽器との重なり方をトータルで計算しないといけないんだと気がついた。

今日、『スカイ・クロラ』のDVDを観たけど、最初に飛び込んでくる音楽に身震いした。もしこれが違う音楽監督なら、感じられる世界観は全然違ったものになっただろうな。しかし、なんで同じリヴァーブなのに、この人の作る響きはこんなにも美しいのだろう?この人のすごい所は、いろんな民族的な楽器を使って、最も美しくなるような響かせ方をしていることだと勝手に思ってる。

ちなみに、以前友人に頼まれて編集した曲がこちら。って、前に紹介したことあったっけ?
低音もいい感じに下のほうでずーんとくる感じにして、高い音は空間をフワフワさせてます。けっこー、いい響きだと思ってるのですが、いかがでしょ?これ、たった1本のギターの音です。これをいろいろ調理してます。



or

【ニコニコ動画】【かんなぎ】産巣日の時をソロギターで弾いてみた



・・・誰か編集させてー!
おっきいオーケストラとかのレコーディングしてぇえ
posted by comr at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。