2009年02月24日

滑走

「今の君はスケートリンクをただガムシャラに走ってるのと同じだよ。」


スケートリンクで滑走するためには、ただガムシャラに走ってもダメで、力を抜いてリズムよく滑る方向へ足を進めなければならない。ゆっくりすべることで徐々に加速がつきし、ある程度速度が出たら力を込めて走ることでより速度を乗せることができる。仕事にも同じことが言えると上司は言った。



自分にとって全く未知の事、しかもそれを自分ひとりで段取り立ててやらなければならなかった。何をしたらいいか分からずに、とりあえず自分でやってみようと思ってやったことが全部裏目に出て、結果ぐちゃぐちゃになってしまった。要約するとこんな感じ。


「失敗するのは大事だ」と耳タコだったが、実際に失敗するとかなりキツい。もちろん相応に怒られた。そこから「よし!頑張るぞ」とまで浮上するのは楽ではない。あれ?自分の心ってこんなに弱かったっけなぁとヘコむ。

自分なりに頭回転させてやったつもりではあったけど、完全に太刀打ちできないとかなり参る。前回の大成功で「俺でもできるじゃん」と調子乗ってたら、まだまだ全然ダメだった。自分でも手の届くところ場所だと思っていたのが、摩天楼の頂上だったような気分。

実は前回は、先輩が自分ひとりで進んでいけるように段取ってくれたから、元々突っ走る性格も手伝ってすごくうまくいった。スケートリンクの上で力任せでも加速できるぐらいまでに先輩が後押ししてくれたから、ただガムシャラに走れば良かった。しかし、今回同じように最初っからガムシャラに走ったら、空回りして全然進まなかったばかりか、焦ってコケてしまった。

この失敗を次に繋げてこそ、価値ある失敗になると思う。基礎をやらずに応用はできないように、まずはじっくりと腰を据えて仕事を丁寧に覚えよう。ここで目指すところは、会社を動かす仕組みを作る、全く答えがないものから「こうだ!」という答えを出すことだが、自分がそうできるまでにはまだまだ時間がかかりそうだ。

とは言え、これが仕事の大変さなんだろうなぁと思い、あまり悲観的にならないようにしている。本気だからこそ褒められれば嬉しくなるし、失敗すれば落ち込む。落ち込んだ中で成功すれば喜びはひとしおになって、もっと上を目指そうと頑張ろうという気持ちになる。
posted by comr at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

小休止

全力で走ったら疲れたw

自分の限界を考えずにやってみたらどうなるかいろいろ試行してみたが、
バランス崩したら逆に効率悪そうな気がしてきた。
頑張りどころと、弛緩するところをちゃんと作っとかないとねー。
posted by comr at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

人間力

食事中にテレビをつけて見た番組。
秋山木工という会社の人材育成についてやっていた。

その中での、社長の一言に感激した。

心が一流なら、必ず技術もそれに伴って一流になる

なんか、すっごくグッときた。
20代の僕らがするべきことは、まず心を鍛えることだ。
どんな仕事が来てもそれに向かっていけるような
人間性を磨くこと。

スキルとかそういうものは
その上に後付で乗せていけばよい。
まずは、ここと決めた場所でガムシャラに頑張ってみる。
そこで必要だと思ったことから自分で学んでいけばよい。


今の自分のやっている業務で
お金とか会社の都合だけで物事をはかってはいけない。
サービスを提供するものとして、どうしたらお客様に
満足した環境を提供できるかを忘れてはいけない。
理論立てて正論っぽく見せて
自分勝手に物事を進めてはいけない。
(この前の反省。酷く叱られた)


なんかすごく勇気付けられた。


一流の仕事人になるぞー!
世界を相手に仕事をするぞー!
posted by comr at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簿記

昨日今日で結構進んだ。

後は「決算処理での減価償却」〜
「損益計算書・貸借対照表の作成」が終われば
一通りの問題は解き終わったことになる。

後は、試験日まで過去問を解きまくって計算に慣れ、
ミスを減らすのみ。

振り返ると、簿記学習プロセスは、
1.概要の理解
2.最初から一通り問題を解く
3.過去問




以下、自分の頭の整理用メモ

◆一般
・簿記が履歴書で書けるのは2級から
・簿記は、本社機能を司る仕事では重宝される
 →技術系の仕事では直接役に立つとはいえない
・ただ、マネジメントをするようになると、
 予算関係を扱うことになるので、簿記知識は役に立つ

◆自分
・資格をとることが目的ではない
・ただ、資格を取ることを目指して勉強すると
 一気に知識が入るからやっている
・簿記を取ろうとしているのは、
 今の仕事で費用関係をやっているから
posted by comr at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

衝動

「仕事は何をするか決めるかが大変で、決めてしまったら後は楽」とよく聞くが、今日その意味を心で納得した。

新しい業務をやることになった。次は前の業務よりも更にランクアップの内容。ゴールだけ与えられて、後の人の役割分担などは自分で決めてとな。前回は内容を考えるのは自分だったけど、コントロールは先輩だった。だから、言われたとおりにしていけばよかった。今度は自分はおろか、他の人のコントロールもすることになった。案件を引き継いで進めるという言い方が近いかもしれない。

何からやるべきか、どうするべきか、どんな日程で進めるか。ゴールはあるし、決める事はいっぱいあるが、本当に何からしていいやら途方にくれる。しかしこれはチャンスだ。なんか分からないけど、すごくワクワクしてしょうがない。新たにできない物が出てきて、これだけ自分の伸びしろがあって、これを乗り越えたらさらに面白いものが待っている、そんな気持ちにさせる。だから挑戦するって最高に楽しい。ただ、それなりにプレッシャーも感じている。前のように失敗するかもしれない。だから、腰を据えて取り組まねば。


もう一つ、僕にとって最高の仕事をさせてもらえることになった。詳しい事はコンプライアンスに抵触するから言うわけにはいかないが、とにかく僕が凄く好きな分野の仕事だ。ずっとやりたいやりたいと言ってたらさせてもらえることになった。こっちも頑張ろう。


***

簿記(3級)の基礎勉が半分くらいまできた。後は過去問をときまくる。
これが終わったら英語(仕事の幅を広げる上で必要)。次は法律関係(業務上必要になってきた)かな。

目安としては、子供ができるまでに簿記2級(知識が本格的に活用されるのは2級)、英語を聞ける・話せるぐらいになりたい。法律も、さらーっと把握しておきたい。
posted by comr at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説版「雲のむこう、約束の場所」

雲の向こう、約束の場所の小説版を読んだ。


映画が原作で、この本はその後に出たものだ。
映画では、結末がどうなったかは一切かかれておらず、二度三度見返す程に「どうなったんだろう」という感覚がどんどん大きくなっていった。本を図書館で取り寄せてもらったのだが、借りて本を開こうと思った瞬間「どんな終わり方なんだろう」と手が震えた。こんな感覚は初めてだ。


しかし、最後を読み終えた時、不安にも似たドキドキ感、そんな感覚がフッと抜けた気がした。どうなるか分からないからこそ、想像を膨らませられたのだが、それを決定されてしまうと、後は物語の収束しか進む方向がない。これを読んでしまったことで、物語は終わってしまった。

村上春樹のラストみたいに、そういう終わり方になっちゃうのね、って感じ。


この作品は、最初はそこまではまらなかったのだが、素晴らしい描写と音楽、世界観にすっかり魅了された。かなり好き嫌いはあると思うけど、個人的には凄く好き。特に音楽が良いと思う。

「秒速5センチメートル」とかこれとか、メッチャ好きかも。微妙な人の心の揺らぎ感、それを包み込む世界観、そういうものに惹かれるのかもしれない。
posted by comr at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

やっちまったぜ

今回はしくじった。
前回の成功に味を占め、一人で突っ走って
変な方向に進めてしまったため、良くない展開に。
予想外に怒られたのもそうだし、それ以上に
自分で考えて正しいと思ってやっただから、すっげー悔しい。

一つの成功で手にした自信で
全て通じるかと思ったら大間違いで、
大きな枠組みでものをとらえて会社をマネジメントするのは、
自分が思っていた以上に深いものだった。

「試みた手法は決して間違っていなかった、
 けど、仕事ってこれだけじゃないよ」
といわれ、確かにいろんなことが複雑に絡み合っていて、
その背景や人、いろんな要素をじっくり
観察する必要があったなと思った。

大きな山登りをしていて、結構なところまで進んでたと思ったら、
実はまだまだ麓にいましたーって感じ。
まだまだあまちゃんだった。

まぁ、こうやって一つ一つ学ぶものと考えたら、
今回も大きな収穫だったと思う。
悔しさが大きい分だけ絶対に忘れないだろうし、
次はこうしてみようという布石も打てたかなと。
posted by comr at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

雲のむこう、約束の場所

今日はちょっと調子が乗らなかった。
昨日、「雲のむこう、約束の場所」を観たのがいけなかった。
頭ん中が完全に作品の世界にどっぷりはまってて、
起きても頭があっち側だった。

少なくとも調子が良かった先週のパターンだと、
朝5時半に起きて会社のスケジューリングと勉強で、
頭のエンジンをかけてから仕事だったからかなり集中できた。
明日は早く起きられるように。。


いやー、でも新海誠いいよ。
秒速5センチメートルもすっげー良かった。
村上春樹が好きなら、新海合うかもしれない。
表題の作品の小説版があるみたいだから、読んでみようー。
posted by comr at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

ぐでぐで

結婚式を挙げた元バイト先の新風館に
倉木麻衣がくるらしい。

僕がバイトしてた時はメジャーな人は全然来なかったのに・・

***

昨日は、岐阜県にある土岐プレミアムアウトレットに行ってきた。
家から高速飛ばして1時間ぐらい。
往復で1800円。ETCの半額サービス最高です。

目的は革靴の国内メーカーとして有名なスコッチグレイン
4万→2万後半ぐらいで買えるので、
かなり期待していろいろ試着してみた。

しかし、どこか窮屈だったり隙間があく。
それでも少し前なら「これは凄い!」
と思っていたんだろうけど、
グレンソンの、あの全体をすっぽりを包む込むような
履き心地を味わってしまったら、もう満足できなくなる。
というか、スコッチグレインは僕の足には合わない。
足の甲が割と高いので、靴の甲を押し上げる感じになってしまって、
履いた時に変なしわができて突っ張ってしまう。
その他の点では結構良かったんだけど、なんか残念・・。
合う人には最高だと思う。オデッサとかいいのになぁ。。

個人的にはその後に行った、リーガルショップの
ジョンストン&マーフィーの方がしっくり来た。
今百貨店で、半額とかで投売りされてるから、
こっちもいいなぁと思いにけり。(買えないけど)


***

勉強の方法を模索中。
今の業務に合わせて勉強していくほうがしっくりくるし、
吸収が早いし、何より楽しい。
本来、学校の勉強みたいなスタイルが苦手なので、
勉強するものは、自分からの好奇心でやりたいね。


・業務
 当日中に反省して次の作戦を立てる→補足的に勉強
 これは良いから続ける。

・+α
 会社の財務処理を知りたいという目的があって、
 資格を取る中間目標で簿記を勉強中。
 これは見直す必要ありか。

・(やってないけど)英語
 会社から、やるべきといわれている科目。
 子供ができる前にスコアを安全圏まで伸ばしておきたい。
 しかし、開き直るぐらいモチベーションが全く上がらない。
 先の目的とか、好奇心が全く生まれない。どうしたものか。
posted by comr at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。