2008年10月26日

肌寒くなってきた

すっかりこちらは放置気味に。

最近いろいろやってたり。




今日は嫁さんを連れて同期とのバーベキューに行ってきた。その後、何人かの同期と嫁さんとでゴルフの練習。

フォームをチェックしてもらったけど、だんだんとフォームは良くなってきた。しかし、いざ球を打つとなると、球に当てようとしてフォームが崩れる。しかし、ゴルフはすっげー面白い。少しでもぶれると全く当たらないが、スイングやインパクトがジャストミートした時のあの快感は、今までのスポーツでは味わったことがない。早く安定して打てるようになって、ゴルフセットを誰かに恵んでもらって、コースでやってみたいなぁ。


バドミントンを週1で体育館を借りてやってるけど、研修が終わってもサークルみたいな感じでずっと続けていこうと思ってる。こちらもフォームを直してもらい中。ちゃんとフォームを作れば、無理に力を入れなくて良いんだなと実感。





最近いろんな事を教えてもらっている。
特に心に残った事は、


叔父さんからいわれた事。
「自分に起こりうる最高の事と最悪の事を想定しておくこと。現実は必ずその範囲内でしか起こらないから、何が起こってもうろたえる事がなくなるよ。」



上司から。
「知識というのは、それだけではただの点だ。君たちには使える技術を学んでもらいたい。すなわち、点と点をつなげる作業をしていくんだ。」

最近思うのは、会社で一番役立つ知識を手に入れるためには、ノウハウを持っている人から教えてもらうことだと思った。どれだけ教科書で、「この部品には球状黒鉛鋳鉄を使い、これにはS45Cの鋼を使っている」と書いてあっても、実際に聞いてみると全然違っていたりする。例えば、場合によっては素材を変えて焼入れ加工をしていたり、コストに合わせていろいろと変えているという事情があることを知ったりする。

役に立つ知識を仕入れるため、そして自分の時間を有効に使うために、自分で知識の下地をつけてから人から教えてもらうようにしようと思った。もっともっと会社内で人脈を広げて、役立つような貴重なノウハウを伝授してもらおう。
posted by comr at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

未熟

実習を通して、自分の未熟さを実感する。
同期にあまりにもできるやつがいるから、物凄く焦る。
今決定的にかけているのは、「知識力」「考察力」
情熱だけは普通の人より上のつもりなんで、そこからなんとか登っていきたいなぁ。

そうそう、mixiのIDを変えました。
前のIDは放置するつもりなので、もしよろしければこちらへお願いします。
同じベクトルが一つでもあれば、ゼヒ登録したってください。
ID:20177046


こんな曲見つけた。
『最後の初恋』のテーマ曲。


ええ曲じゃー。
posted by comr at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

課題

勉強づくしの研修ももう残りわずか。
いろんな勉強をやればやるほど、自分の考察力や知識力がまだまだ足りないことを実感させられる。もっともっと頑張らねば!



**

スポーツの秋、ということでいろいろやってみようと思っていたり。来週はバドミントン、ゴルフ、ボルダリングをやる予定(全部平日)。同期の中には、一週間毎日スポーツをやっているヤツもいるので、これでも少ない方。

上に書いたけど、バドミントンを再開。経験者にフォームを見てもらって、忘れたところや変なクセをなおしてもらいつつ。

同期にゴルフの腕前がすごいやつがいるので、嫁さんと一緒に教えてもらおうと思ってたり(スコアが70を切るとか)。早速今日、ゴルフクラブを買ってきた。嫁さんがゴルフ好きなので、夫婦でやれたらいいかな。

posted by comr at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

形に

さて今週も土日は滋賀県に帰ってきました。
その目的は、滋賀で建築をやっている友人の設計した物件を見に行くため。
お互いになんでも語り合う友なのだけど、実際にその仕事振りを見る機会が今までなかったので、
こんな機会はとても新鮮だ。





会場に行くと、仕事をしている彼の姿が。
そして、彼の設計した『家』がそこにあった。

081004_1529~0001.jpg

全体を見るとすごくシンプルにまとまっている。
近くに来るとすごく洗練されていて、随所にこだわりが溢れているのがわかる。
ケータイカメラ写真では、その魅力を伝えきれないのが残念。

既製品のような家ではなく、施工主と一緒に創りあげた、魂の込められた唯一つの家だ。
見方を変えれば、アーティスト、クリエーターの「作品」ともとれる。





本当に圧倒された。
この家一軒丸ごと、あの友が設計したのかと。
まだ会社に入ってそんなに経ってないはずなのに、
これほどまでに仕事を成し遂げられると、見事と言うしかない。


多分ここに来るまで、表には出せないとてつもない苦労と努力があっただろう。
たとえ嫌なことがあっても、グッとこらえなければ前に薦めないこともあったろう。
一つ一つ地道に、愚直にやってきたからこそ、ここまで到達することができたんだろう。



彼が手がけているのは、人がほとんどの時間をすごす大切な空間の設計。
言葉を変えれば、人との人生に関わる仕事だ。
だからこそ絶対に手を抜くことはできない。
いや、それは彼は真に理解しているだろう。だから全力でぶつかるんだろう。





 俺は本当に驚いているよ、
 こんなにも君が前に進んでいることを。
 俺も負けてらんない!
posted by comr at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。