2008年08月29日

上に上に

会社では勉強をしているのだけど、学校でいうところの定期テストなるものがある。手ごたえは、芳しくなかった。本音を言うと、誰にも負けたくなかった。そのために前から毎日勉強をしていた。だから悔しい。

今勉強しているもののほとんどは、おそらく僕の業務では使わないような技術知識だ。けど、自分が関わるもの全てに手を抜かない。今はそんなモチベーションが体の中を駆け巡っている。不思議だ。


今読んでいる本がすごく面白い。まだ途中。


外部の人間であったルイス・ガースナーが、IBM再建に向けて奮闘する話。
こういう大物が打つ手段は、見る人をアッといわせるビジョンを掲げるだろう、という先入観がある。しかし、彼が講じた手段は、まず会社にとって不合理なもの、贅肉を削ぎ落として、まず会社を持ち直す。そして次に、冷静にIBMが生き残るための武器を策定し、戦略によってIBMブランドを再び築き上げるというものだ。

通勤途中の電車で読んでいたので、同期にも見せてみた。幾人からかなり好評を得て、「俺も注文する」ときたもんだ。


この本を読んでいて感じた。自分が心に掲げたい何かは、こういった先輩の実体験と共に体に染み込んでくるものだ。人の話を聴いて自分の心が動かされるように、本のストーリーに引き込まれるからこそ、自分の心に「そうなりたい」と思うもの、大切な要素がセットになって心に染み込んでいくのだ。
そしてこれからは、そのような本を選び出して読み続けていくことにする。ポイントポイントを抜き出した本も即効性があるし悪くはないが、心の奥底まで浸透しない気がする。




次読んでみたいと思う本は





これに決まりだ。
とある番組で、幕末についての話が放送されていた。
ちょうど日本の歴史について追求してみたいと思っていたこともあり、この時代の話は最高に面白かった。だから、ちょいちょい時間を見つけて掘り下げてみようと思う。


これから自分が向かいたいと思う方向が決まってきた。
不可能かもしれないが、上層のマネジメントに携わってみたい。そのために多くの経験をしたい。会社がどんな要素によって動いているかを全て知りたい。自分が知らない何かで自分が動くのはいやだ。会計に足を突っ込んでいるのもその理由からだ。もし方向転換するようなことになっても、この目標を掲げておくことで、いかようにでも余裕を持って転換することができると思う。


そのためには今の2点がキーポイントとなるだろうと考える。



1.自分の人格としての成長
おそらくこれが最も大きな障害になるだろうと思う。自分の人としての未熟さは、いやというほど知っている。それを覆すには、長い時間をかけて変えていこうとする努力をし、継続することだ。

2.24時間という限られた資源をどう有効利用するか
現時点では後者がネックになっている。
今は生活に関わる時間と奥さんとの団欒の時間を除いたらほぼ勉強に充てている。それでも全然足りない。朝5時に起きてみたりもしたが、そうすると日中に影響が出る。睡眠不足は一番良くないパターンだ。
団欒の時間を割くつもりは一切ない。自分にとって一番なのは家族だからだ。時にこれを見失って一人で走ってしまいそうになるが、それでは本末転倒だ。





そんなことを考えながら毎日を送っている。
「今日が〜曜日だ」とかそういう感覚はない。毎日がガムシャラだ。


**


観たい映画がある。

アクロス・ザ・ユニバース

予告編に感動した。僕が世界で一番好きなグループ、BEATLESの曲が織り交ぜられた映画。絶対に観る!
というか、BEATLESの曲のカバーが今風になっていてすごく聴きやすい。結構いいかも!
posted by comr at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。